子ども手当の満額支給に慎重論 政府・民主のマニフェスト企画委(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 27日 懸賞

 民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する政府・民主党のマニフェスト企画委員会は22日、同委下部組織の国民生活研究会が、「子ども手当」を平成23年度から満額支給(月額2万6千円)するとした中間報告の是非について協議した。財源面から慎重論が相次ぎ、5月末に予定される最終結論の取りまとめに向け、今後詰めの作業を進める。

 高速道路無料化では、成長・地域戦略研究会が中間報告で「原則無料化」としたが、高速道路の新料金上限制をめぐる政府・与党の検討状況を見守るとして、判断を保留した。「子ども手当」については、財源論のほか、満額支給をしない代わりに、待機児童解消を目指し保育所の充実などを求める意見も出た。

 一方、国民生活研究会の役員会では、「選択的夫婦別姓」の導入問題に対し、「党内でも意見が分かれている」との反対意見があった。

【関連記事】
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ 
子供が死亡した家に「子ども手当」申請書誤送 港区
子ども手当に学割精神を
子ども手当2万円に減額も 民主・玄葉氏
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<関西大>高橋、織田選手がスケート教室 (毎日新聞)
【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
舛添氏、新党改革旗揚げ後初の講演「中選挙区制を」(スポーツ報知)
もんじゅ再開容認 福井県、国と振興策合意(産経新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-04-27 20:02

<< ジャンボひと筋「3億円当たれば...   <茨城信者に性的暴行>牧師が起... >>