殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加−内閣府調査(時事通信)

懸賞 2010年 02月 11日 懸賞

 内閣府は6日、「基本的法制度に関する世論調査」を発表した。それによると、殺人など最高刑が死刑である重大犯罪の公訴時効について、54.9%が短いと回答。また、死刑制度は85.6%が容認し、2004年の前回調査から4.2ポイント増加した。法務省は殺人罪などの時効廃止を盛り込んだ刑事訴訟法改正案の今国会提出を目指している。調査結果はこうした動きを後押しすることになりそうだ。
 調査は昨年11月から12月まで全国の成人男女3000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.8%だった。
 殺人など重大犯罪は、犯罪が行われてから25年が経過すると犯人を処罰するための裁判ができなくなる。この時効制度が定める期間について「短すぎる」が54.9%だったのに対し、「長すぎる」は10.0%にとどまった。「これくらいでよい」の現状維持派は22.5%だった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
生活満足度「低下」が36.4%=内閣府調査
わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」
「お答えできない」連発=捜査1課長ら会見
大橋被告の死刑確定へ=岐阜、大阪で連続女性殺害

不穏当発言「適当じゃなかった」亀井氏認める(読売新聞)
鈴木宗男氏、前原国交相に「自分で首を締めただけ」(産経新聞)
<大阪パチンコ店放火>「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ(毎日新聞)
支援員4000人増=小中の障害児教育−文科省通知(時事通信)
石川議員、小沢氏と会談へ=鳩山首相(時事通信)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-11 03:02

<< 首里城花まつり 9万鉢の“春”...   交通事故 コーヒー店にタクシー... >>