首里城花まつり 9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 12日 懸賞

 那覇市の首里城を約9万鉢の花々で彩る「首里城花まつり」が開かれ、観光客を楽しませている。

 正門「歓会門(かんかいもん)」から、王が住み、公の儀式を執り行う場でもあった正殿(せいでん)前の「御庭(うなー)」を、マリーゴールドやサルビア、パンジーなど7種類の鉢植えが飾る。朱塗りの首里城に白や黄色、紫、ピンクなど鮮やかな花々が咲き誇っている。

 28日まで。日没から午前0時までライトアップも。入場は午前8〜午後7時(有料の正殿は午前8時半〜午後6時半)。【三森輝久】

新医師臨床研修制度の激変緩和措置への対応などで議論(医療介護CBニュース)
<泉鏡花>「摩耶夫人像」遺族が松竹に寄贈(毎日新聞)
本州から戻ったトキの雌が雄とペアに(産経新聞)
<児童ポルノ>ワーキングチーム初会合(毎日新聞)
運転のブラジル人を逮捕=危険運転致死容疑で指名手配−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-12 06:32

<< 【中医協】「療養病棟初期加算」...   殺人時効、54.9%が「短い」... >>