カテゴリ:未分類( 76 )

懸賞 懸賞

「きんたくん」弁当を発売=兵庫県川西市〔地域〕(時事通信)

懸賞 2010年 02月 23日 懸賞

 兵庫県川西市は今月から、市役所内の食堂で「きんたくんの元気いっぱい弁当」を販売している。1日20食限定で完売が続いているという。
 市は産業活性化と子育てができるまちづくりを目指して「金太郎プロジェクト」を展開している。「まちとひとを元気にする食事」を提供するため、食堂を受託運営している大阪府内の業者が考案した。金太郎にちなんで、弁当には金時豆などを盛り込んでいる。
 当面、販売を続けて好評であれば季節に応じたメニューで提供する予定。市政策課は「これまでキャラクターグッズは販売してきたが、食べ物は初めてだったので新たな分野が広がった」としている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕新幹線開通前に大阪で九州をPR=福岡、熊本、鹿児島の3市長
〔地域の情報〕「中馬のおひなさん」開催中=愛知県豊田市
〔地域の情報〕紙風船、夜空にふわり=秋田県仙北市
〔地域の情報〕日常生活離れ「三日坊さんの旅」=静岡県袋井市
〔地域の情報〕平城遷都祭への参加を募集

振り込め詐欺、過去最少=1月の被害4億7000万円−警察庁(時事通信)
<職場の受動喫煙>「状況みて議論」長妻厚労相(毎日新聞)
<乱気流>成田行きユナイテッド機が遭遇…けが人多数か(毎日新聞)
<市原男性不明>16日にも5人再逮捕 強殺容疑(毎日新聞)
【党首討論】「窓口で確定申告したことはない」鳩山首相(産経新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-23 17:40

オーロラ 極寒の空彩る マッキンリー山(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 22日 懸賞

 山の端がゆっくりと色づき始め、やがてはっきりとした光の帯が現れた。極地の夜を彩るオーロラだ。水に垂らしたインクのように縦横無尽に空を染めていく。

【特集】よくわかる!オーロラ講座

 北米最高峰のマッキンリー山(6194メートル)の南に広がるルース氷河。周囲は3000メートル級の山に囲まれ、地元では円形劇場と呼ばれている。

 米アラスカ州南部の町タルキートナから軽飛行機で移動し、雪でかまくら状の家を作り1カ月過ごした。1月23日深夜は完ぺきな静寂に包まれていた。月光を浴び、辺りの風景が浮かび上がった。10キロ離れた山並みがミニチュアのように見える。氷点下30度の極寒だが、心が熱くなった。【写真・文 松本紀生(写真家)】

【関連ニュース】
【特集】よくわかる!オーロラ講座中級編
【関連写真】昭和基地のオーロラ
【関連写真】南極のオーロラと満天の星空
【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化 アラスカのオーロラも

<桜の開花日>木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)
元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為−群馬県警(時事通信)
スクーター4700台リコール=スズキ(時事通信)
<化学物質過敏症>後遺症が初の労災認定 眼球運動障害で(毎日新聞)
薬害防止の第三者委員会設置へ=作業部会が合意−厚労省(時事通信)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-22 17:56

山陽道 停車中のパトカーにトラック追突、警官重傷 岡山(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 21日 懸賞

 15日午前2時35分ごろ、岡山市北区牟佐の山陽道下り線牟佐トンネル内で、熊本県南関町関町のトラック運転手、矢野輝雄容疑者(46)運転の大型トラックが路肩に停車中の岡山県警高速隊のパトカーに追突、パトカーとトラックが炎上した。

 この事故で、パトカー助手席の男性巡査部長(45)が鎖骨を折るなど重傷を負った。運転していた男性巡査長(29)は車外にいたため、無事だった。事故で駆け付けた別の男性警察官(26)が煙を吸って軽傷。県警は矢野容疑者を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。矢野容疑者は「フロントガラスの曇りをふき取っていたので、前方がよく見えなかった」などと供述しているという。

 県警によると、パトカーはトンネル内でガス欠で動けなくなった乗用車の安全確保のため、乗用車の後方に停車していた。弾みでパトカーは乗用車に追突したが、乗用車の乗員4人は車外におり、けがはなかった。矢野容疑者は岐阜県から福岡県まで雑貨類を運ぶ途中だった。この事故で、山陽道下り線山陽−岡山インターチェンジ間が通行止めとなっている。【石井尚、石川勝義】

【関連ニュース】
交通事故:米子自動車道で正面衝突…3人死亡、4人重傷
北海道ひき逃げ:容疑者を起訴 札幌地裁支部
スキー事故:客同士が衝突 1人死亡、1人重傷 北海道
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
交通事故:雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原

「非出会い系」被害増加 福祉犯罪、9割が携帯から接続 警視庁(産経新聞)
PA連携の実施率は46.4%(医療介護CBニュース)
マータイさん MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)
<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)
<五輪モーグル>「4年後も」8位村田、満面の笑み(毎日新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-21 13:27

偽装献金事件 鳩山首相元秘書の初公判は3月29日(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 20日 懸賞

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載など)の罪に問われた元公設第1秘書で懇話会の会計事務担当だった勝場啓二被告(59)について、東京地裁の平木正洋裁判長は18日、初公判を3月29日に指定した。

 起訴状によると、勝場被告は平成16〜20年、故人や実際には献金していない人からの個人献金計2億700万円を懇話会の収支報告書に記載したほか、政治資金パーティー収入も約1億5300万円分水増しして記載。また、鳩山氏の関連政治団体「北海道友愛政経懇話会」の収支報告書に、17〜20年に実母と実姉から受けた献金計1200万円を記載せず、政治資金パーティー収入約3千万円を水増しして記載したとされる。

 事件をめぐっては会計責任者の元政策秘書に略式命令が出たほか、鳩山首相本人は嫌疑不十分で不起訴になっている。

【関連記事】
鳩山首相「同志の潔白信じるのは当然」 参院代表質問
贈与税納付額は5億7500万円 鳩山事務所が発表
母の資金力、鳩山3世代を支えた石橋家
元秘書起訴 首相の政治責任は明白 「脱税」の疑い徹底解明せよ
「周りが面倒見てくれる」 首相偽装献金 元公設秘書を在宅起訴

パチンコ攻略法の被害相談、6年間で100億円超(読売新聞)
<出産一時金>新制度で入金遅れ 産科診療所の2割「不安」(毎日新聞)
大阪府北部で震度3(時事通信)
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け−「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
中国・北の脅威対処、新防衛大綱へ議論開始(読売新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-20 03:14

義理の娘陳述へ 事故裁判で被害者参加(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 19日 懸賞

 埼玉県熊谷市で平成20年2月、酒に酔った男の乗用車が軽乗用車など2台と衝突して8人が死傷した事故の裁判で、死亡した夫婦の義理の娘(29)が、被害者参加を利用して意見陳述することを、さいたま地裁が認める方向であることが16日、関係者への取材でわかった。

 20年12月の制度導入後、配偶者以外で被害者と血縁関係のない家族が被害者参加するのは、ほとんど前例がないという。

 関係者によると、被害者参加制度利用が認められる方向なのは、飲酒運転の男の車に同乗したとして、危険運転致死傷幇助(ほうじょ)罪で起訴された大島巧(47)、関口淳一(45)の両被告の公判。夫の両親が事故で死亡したが、夫は事故の被害者ではなかった。

 刑事訴訟法では、被害者参加制度の対象は、一定以上の重大事件における被害者の配偶者や兄弟姉妹、直系の親族などと規定されている。

 夫の両親と義理の娘は直接の血縁関係にないが、直系の親族にあたるという。

【関連記事】
熊谷の8人死傷飲酒事故、1審通り懲役16年
富山県職員、2審も有罪 ひき逃げで高裁金沢支部
危険運転致死で逆転実刑判決確定へ 愛知・豊橋のトレーラー事故
無免許運転、7人死傷事故で19歳少年を逆送 さいたま家裁
看護師3人巻き添え事故 運転少年を起訴

基礎疾患に満遍なく注意を―新型ワクチン接種で厚労省(医療介護CBニュース)
小沢氏ご満悦、民主女性議員からチョコ(産経新聞)
京大病院に爆発物装うバッグ、400人避難(読売新聞)
ジュースとビール500円 ANAが水・お茶以外「有料化」(J-CASTニュース)
レセオンライン化訴訟の総括文書を採択―神奈川原告団総会(医療介護CBニュース)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-19 02:58

<迷惑鉄ちゃん>「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 18日 懸賞

 14日午前10時40分ごろ、大阪府柏原市のJR関西線河内堅上駅近くの線路脇にカメラを持った男性ら3人がいるのに、加茂発天王寺行き快速電車の運転士が気づいて停車。直前に回送電車の運転士が同じ場所で線路に立ち入っている約50人を目撃しており、別の普通電車も人影に気づいて停車した。上下計19本が運休、26本が最大約40分遅れ、約1万3000人に影響した。

 団体客専用の臨時列車「あすか」の運行があり、鉄道ファンらが撮影に集まったらしい。JR西日本と府警柏原署によると、快速電車の運転士が退去を求めたが数人が聞き入れず、周辺駅から応援の駅員を呼んだり、パトカーが出動する騒ぎになった。全員立ち去ったが同署が列車往来危険容疑で調べている。

 あすかは車内を座敷に改装した珍しい車両。運行が年数回のため、撮影しようと人気が高いという。この日乗車した男性(21)は「線路脇の斜面で撮影している人もいて危険だった。大半のファンはマナーを守っており、同一視されるのは迷惑」と憤慨。JR西は「鉄道好きだからこそ、マナーを守ってほしい」と話している。【茶谷亮】

【関連ニュース】
名古屋市営地下鉄:線路に女性、はねられて死亡…伏見駅
列車往来危険:「受験でストレス」踏切に自転車…中3逮捕
山手線:線路内に男性 緊急停止3万人に影響
JR京浜東北線:男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響
JR福知山線脱線:元2部長の不起訴不当議決 検察審

鳩山首相63歳「国民の幸せ感がプレゼント」 11日に誕生日(産経新聞)
150億円?ローソン子会社専務ら不正流用(読売新聞)
小沢氏、検審を牽制?「強制捜査で私だけ…」(産経新聞)
「怒鳴り合っていない」 民主・池田氏が指摘(産経新聞)
「梅の使節」が亀戸に春をお届け(産経新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-18 02:55

確定申告 かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 17日 懸賞

 鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で記者団に、16日から始まる所得税の確定申告期間を控えて「国民には当然税金を払っていただき、国民の暮らしを守る政治を作り上げていく」と指摘した。鳩山首相は実母からの資金提供問題で修正申告しており、「政治に対する信頼を回復させていかなければいけない。自らも戒めながら、この国をさらに良い国にしていくため、国民に税金をお支払いいただきたい」と述べた。【小山由宇】

【関連ニュース】
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:子ども手当財源「無駄の削減でできた余裕で」
鳩山首相:子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話
鳩山邦夫氏:首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明
鳩山首相:解散政党交付金の寄付禁止に前向き姿勢

若者は「わさび抜き」すしが好き 毎日新聞記事に「事実なの?」(J-CASTニュース)
医療事故調「今国会で議論を」(医療介護CBニュース)
小沢氏「自民メルトダウン、当面は民主党政権」(産経新聞)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)
石巻3人殺傷 次女交際相手の18歳ら2人を逮捕(産経新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-17 03:36

無償化…私立高、逆に競争率上昇 関西3府県で入試始まる(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 16日 懸賞

 大阪、京都、兵庫の3府県の私立高校で10日、平成22年度の入学試験が一斉にスタートし、約13万2800人が試験に臨んだ。来年度から始まる公立高校の授業料無償化などの影響で「私学苦戦」も予想されたが、結果は3府県とも志願者数や競争倍率はアップ。私学関係者は「公立高の競争率が高まるのを警戒して受験生が増えたのではないか」と分析している。

 この日入試が行われた私立高校は大阪92校、京都37校、兵庫41校。各府県の私立中学校高等学校連合会によると、競争倍率は大阪3.44倍、京都3.3倍、兵庫3.51倍で、いずれも前年度より上昇。特に大阪は来年度、世帯年収350万円以下の生徒の授業料を実質無償化する府の独自施策が始まることもあって、記録が残る3年度以降では最も高い倍率となった。

 大阪市旭区の常翔学園では、早朝から塾関係者らの激励を受けた受験生が次々に試験会場の教室へ。緊張した表情で試験開始を待ち、合図とともに問題に取り組んでいた。

【関連記事】
子ども手当法案と高校無償化法案を閣議決定
高校生の留学、2割近く減少 不況の影響か
不況でも削れぬ…中学生の塾代最高 年間18万7千円
教室で同級生の財布盗む 容疑で私立高校生ら逮捕
府税収入1兆円割れ…橋下知事、予算で議会と初の意見交換

光琳「紅白梅図屏風」 金箔、再調査で検出(産経新聞)
【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(下)遅れる法整備(産経新聞)
弁護士資格なしで示談報酬、元行政書士を逮捕(読売新聞)
<将棋>久保棋王が勝利 A級へ昇格決定(毎日新聞)
警官の拳銃奪って発砲…警視庁玉川署(スポーツ報知)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-16 02:37

山本病院理事長ら逮捕 業過致死容疑 経験なく肝臓手術(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 14日 懸賞

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓の手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、奈良県警は6日、業務上過失致死の疑いで、執刀した法人理事長で医師、山本文夫容疑者(52)ら2人を逮捕した。県警によると、山本容疑者は「そのようなことはなかったとしか答えられない」と容疑を否認している。

 県警の調べで、男性が「薬でとお願いしたが、手術しかないと言われた」などと日記に書いていたことが判明。県警は心臓血管外科手術が専門の山本容疑者が経験のない肝臓手術を患者の意思を無視し、強行したことを裏付ける資料とみて経緯を捜査する。

 逮捕容疑は、平成18年6月、肝臓手術の経験がないのに、肝臓外科の専門医や麻酔医も不在のまま男性患者の肝臓の一部摘出手術を行って肝静脈を損傷した上、輸血の準備や適切な止血措置を怠り、大量出血で死亡させたとしている。

 捜査関係者によると、山本容疑者らは死亡した患者の腫瘍(しゅよう)をがんと診断して手術を実施したが、腫瘍は良性で手術の必要がなかった疑いが浮上。県警はがんと診断した経緯についても調べる。

 男性の日記は、県警が遺族の了解を得て公表した。18年5月初旬の日記には「肝臓がんのため手術した方がよいとのこと。薬ではどうにもならず、手術しかないと言われた」と記載。同年6月初旬には「先生から手術大丈夫、信用してと何回言われただろうか」と書かれていた。

 山本容疑者は今年1月、生活保護を受給する入院患者に心臓カテーテル手術を行ったように装い、診療報酬計約830万円をだまし取ったとして1審奈良地裁で懲役2年6月の実刑判決を受けて控訴後に保釈され、兵庫県内の親族宅に身を寄せていた。

 男性患者の父親は6日、「信頼していた医師にむちゃくちゃな手術をされ何も知らずに息子が死んだかと思うと無念でなりません。今後の捜査で真相が明らかになることを望みます」とのコメントを発表した。

<お別れの会>武藤信一さん=25日、ホテルニューオータニ(毎日新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下)】「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開(産経新聞)
勤務医対策に重点配分、入院診療に4400億円 22年度診療報酬改定で中医協答申(産経新聞)
<春闘>主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)
初乗り500円申請認めず=タクシー会社に値上げ指導−近畿運輸局(時事通信)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-14 21:11

【中医協】「療養病棟初期加算」は名称を変更へ(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 02月 13日 懸賞

 厚生労働省は2月8日の中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)の総会で、来年度の診療報酬改定について継続審議となっている事項や、委員からの質問など「宿題事項等」について報告した。新設するとしていた「療養病棟初期加算」の名称については、「救急・在宅等支援療養病床初期加算」とする変更案を提示し、了承された。

 「救急・在宅等支援療養病床初期加算」は、療養病棟入院基本料を算定している病院を対象とした評価。急性期病院の一般病床、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、自宅などからの入院患者を病院の療養病棟が受け入れた場合の評価として新設する。当初は「療養病棟初期加算」としていたが、白川修二委員(健康保険組合連合会常務理事)が「療養病棟に入った慢性期の方の加算のように誤解される」と指摘したため、厚労省側が新たな名称を提示した。

 この日はまた、「7対1」と「10対1」の看護配置を敷いている病棟が、看護職員の月平均夜勤時間を72時間以内にする要件だけを満たせない場合について評価する「7対1特別入院基本料」と「10対1特別入院基本料」についても改めて議論した。
 改定案では、従来の入院基本料に対する一定割合の算定を1カ月間に限り認める内容だが、西澤寛俊委員(全日本病院協会会長)は、引き下げ幅は「100点前後」にし、「1カ月間を限度として算定」とする要件をなくすよう要望した。これに対し白川委員は、「無期限というわけにはいかない。ある程度の期限を区切って、看護師の補充に努めていただく」と述べた。また邉見公雄委員(全国公私病院連盟副会長)は、「無期限というのはよくない」としながらも、「1か月は少し短い」との認識を示し、3-6か月程度にわたり算定を認めるよう要望した。
 厚労省側は次回総会で再度、改定案を示す考えだ。

 このほか、「緩和ケア診療加算」について厚労省は、「がん診療連携拠点病院若しくは準じる病院」による算定を認める方向性を示している。
 厚労省保険局の佐藤敏信医療課長は総会で、このうち「準じる病院」について、「がん診療連携拠点病院の指定は受けていないが、地域のがん診療の中核となる病院として都道府県が認定している病院」と説明し、10都道府県で77病院が該当するとした。その上で、「これらすべてが緩和ケア診療加算の対象になるわけではないが、こうしたところが該当するのではないか」と述べた。
 「準じる病院」については、小林剛委員(全国健康保険協会理事長)が1月29日の総会で、数や認定主体を質問していた。


【関連記事】
【中医協】有床診の後方病床機能を評価
【中医協】長期入院、毎月の「退院支援状況報告書」で減額せず
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告―西澤委員
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設
【中医協】「後発医薬品調剤体制加算」めぐる議論が決着

18歳少年疑念抱いた?「自分の子じゃない」…石巻市男女3人殺傷(スポーツ報知)
<「タミフル」事件>個人輸入代行業者4人を釈放 大阪府警(毎日新聞)
<クレーン車>バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷(毎日新聞)
162点が銀座被害品と一致=香港で起訴の男ら、直後に出国−警視庁(時事通信)
<小沢幹事長>5月訪米を前向きに検討(毎日新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-02-13 02:50