<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

相撲協会に適切な対処は望めない…文科相危機感(読売新聞)

懸賞 2010年 06月 19日 懸賞

 大相撲の大関琴光喜(34)(佐渡ヶ嶽部屋)が野球賭博への関与を認める上申書を提出した問題で、川端文部科学相は15日の閣議後、国会内で行われた記者会見で、「統治能力がしっかりしておらず、現状では適切な対処は望めない」と述べ、日本相撲協会の組織運営のあり方自体を立て直す必要があるとの危機感を示した。

 川端文科相は、協会側が、琴光喜は野球賭博に関与していないと報告しながらそれが一転した経緯などを念頭に、内部調査や組織内での情報共有に問題があったと指摘。「協会は一体となって、こういう事態を招いた原因を調査してもらいたい。警察の事情聴取の状況も見据えながら、順序立てて、真摯(しんし)にオープンに対応してもらいたい」と述べ、協会がしかるべき時期に説明責任を果たすべきだとの認識を示した。

 一方、琴光喜の処遇については、「文科省に処分権はない」とした上で、「長い歴史と伝統がある大相撲が非常に危機にさらされているという認識の下、協会が判断されると思う」と述べた。

 一方、日本相撲協会の八角広報副部長(元横綱北勝海)は同日午前、文部科学省を訪れ、前日の報告で「琴光喜は野球賭博への関与を否定している」としたことについて「おわび申し上げたい」と陳謝した。

二度と…「安平」育ての親、首相に涙の訴え(読売新聞)
母親が1歳次女と無理心中か 交差点で突然下車、マンションから飛び降り(産経新聞)
<雑記帳>「カメデス」カメ捕獲…甲府の舞鶴城公園(毎日新聞)
<南アW杯>日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
<振興銀事件>「中小企業振興ネット」2社を捜索…警視庁(毎日新聞)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-06-19 06:33

短気で「イラ菅」、マージャン計算機で特許も(読売新聞)

懸賞 2010年 06月 08日 懸賞

 菅直人氏は市民運動から政治の世界に入り、国会質問の鋭さなどで頭角を現した。

 民主党では年金未加入問題で代表辞任に追い込まれた後、雌伏の時期もあったが、ついに首相の座を射止めることになった。

 東工大理学部在学中は学生運動に参加し、卒業後は市民運動に身を投じた。1974年の参院選に女性の地位向上に取り組む運動家、市川房枝氏を担ぎ出したことで政治の世界に入り、80年に社民連から衆院選に出馬して初当選を果たした。

 96年の自民、社会、新党さきがけの連立による橋本内閣で、厚相として初入閣。薬害エイズ問題で隠されていた資料を発掘し、注目を浴びるようになった。

 98年の民主党結党時に初代代表に就任し、その後も、鳩山首相とともに「党の顔」と位置づけられてきた。2003年には代表として、小沢幹事長が党首だった自由党との合併を実現した。

 鳩山政権では副総理・財務相を務めたが、米軍普天間飛行場の移設問題などには距離を置き、党内で批判も出た。

 短気な一面があり、国会質問などで見せる鋭い舌鋒(ぜっぽう)が、時に周囲に向けられることも。「イラ菅」という異名がある。

 趣味は囲碁や将棋、マージャン。学生時代には、マージャン好きが高じて点数の自動計算機を発明し、特許を取得した。

<不正流用>ローソン子会社の元専務ら特別背任容疑で逮捕(毎日新聞)
<黒澤明財団>佐賀・伊万里に権利金返還へ(毎日新聞)
「みんな討ち死にだ」民主・参院改選組に危機感(読売新聞)
O157集団感染 三重の高校119人に症状(産経新聞)
菅氏、代表選出馬へ(時事通信)
[PR]

by rllame9bwa | 2010-06-08 14:58