子ども手当の満額支給に慎重論 政府・民主のマニフェスト企画委(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 27日 懸賞

 民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する政府・民主党のマニフェスト企画委員会は22日、同委下部組織の国民生活研究会が、「子ども手当」を平成23年度から満額支給(月額2万6千円)するとした中間報告の是非について協議した。財源面から慎重論が相次ぎ、5月末に予定される最終結論の取りまとめに向け、今後詰めの作業を進める。

 高速道路無料化では、成長・地域戦略研究会が中間報告で「原則無料化」としたが、高速道路の新料金上限制をめぐる政府・与党の検討状況を見守るとして、判断を保留した。「子ども手当」については、財源論のほか、満額支給をしない代わりに、待機児童解消を目指し保育所の充実などを求める意見も出た。

 一方、国民生活研究会の役員会では、「選択的夫婦別姓」の導入問題に対し、「党内でも意見が分かれている」との反対意見があった。

【関連記事】
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ 
子供が死亡した家に「子ども手当」申請書誤送 港区
子ども手当に学割精神を
子ども手当2万円に減額も 民主・玄葉氏
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<関西大>高橋、織田選手がスケート教室 (毎日新聞)
【JR福知山線脱線事故】「鉄道マンとしてのプライドを」 妻を亡くした男性がJR社員を前に講演(産経新聞)
検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)
舛添氏、新党改革旗揚げ後初の講演「中選挙区制を」(スポーツ報知)
もんじゅ再開容認 福井県、国と振興策合意(産経新聞)
[PR]

# by rllame9bwa | 2010-04-27 20:02

<茨城信者に性的暴行>牧師が起訴内容を全面否認(毎日新聞)

懸賞 2010年 04月 23日 懸賞

 茨城県つくば市に拠点を置くキリスト教系宗教法人「小牧者(しょうぼくしゃ)訓練会」であった信者への性的暴行事件で、準強姦(ごうかん)罪に問われた韓国籍の同会牧師、卞在昌(ビョン・ジェチャン)被告(61)=同県土浦市=の初公判が16日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)であった。卞被告は「ありえない」と起訴内容を全面否認した。

 起訴状によると、卞被告は07年2月17日ごろ、つくば市内の同会教会で県内在住の20代女性信者に対し「神に背いて悲惨な人生を歩まないためには卞被告の指示に従うしかない」と思いこませ、暴行したとしている。【原田啓之】

【関連ニュース】
児童ポルノ:3少年は元被害者 報酬渡されグループに
強制わいせつ容疑:警視庁課長代理を再逮捕
盗撮:駅で女性のスカート内 JR運転士逮捕…千葉
児童ポルノ:男児専門サイトを摘発 主宰の男ら逮捕
中尊寺:僧侶逮捕 女子高校生にみだらな行為した疑い

イラストレーターの阿部真理子さん死去(時事通信)
<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に−文科省(時事通信)
<パラリンピック>アルペン回転立位はホールV 小池18位
空き巣100件か 中国籍の男女3人を逮捕(産経新聞)
[PR]

# by rllame9bwa | 2010-04-23 05:24

2.2万人を導く 世界初「盲聴導犬」訓練中、滋賀の聴覚障害者施設(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 20日 懸賞

 視覚と聴覚の重複障害者「盲ろう者」が利用できる補助犬「盲聴導犬」の訓練に、滋賀県守山市の聴覚障害者施設が取り組んでいる。盲導犬や、聴覚障害者をサポートする聴導犬はすでに実用化されているが、厚生労働省によると、盲聴導犬は世界的にも例がないという。施設では「社会から孤立しがちな盲ろう者の生活やコミュニケーションに役立つ補助犬を育てたい」と意気込んでいる。

 訓練に取り組むのは「びわこみみの里」(守山市水保町)。施設に通う滋賀県草津市の盲ろう者、岡田昌也さん(44)が、家族らの介助がなければ外出が困難なため「補助犬を使って自由に歩きたい」と望んだのがきっかけ。昨年4月から厚労省の補助事業で訓練を始め、補助が終了した今年4月以降は寄付金などをもとに継続している。

 盲導犬に多く用いられているラブラドール・レトリバーを採用。盲導犬を訓練している「京都ケアドッグステーション」(京都府長岡京市)の訓練士、仲川愛さん(26)が、岡田さんとともに週1回、施設内で調教を続けている。

 盲聴導犬の育成で難しいのは、盲ろう者が犬に触れることで指示を出したり、車の接近など危険を感じ取ったりすること。このため、犬の顔に手で触れて進む方向を示すほか、犬に特殊な誘導器具をつないで、犬の動きを感じ取りやすくした。

 手をたたいて音を出すことで犬を近づける工夫をするなど、根気よく続けた訓練が実を結び、岡田さんと盲導犬のリズムも合ってきた。岡田さんは、机などの障害物を前に立ちどまる犬の動きをきちんと感じ取り、施設内を歩き回れるようになったという。「最初はうまくいかなかったが、互いに成長した」と進歩を実感する。

 厚労省によると、盲導犬は全国で千頭以上、聴導犬は昨年8月調査で19頭。盲聴導犬の実用例は「世界的にも聞いたことがない」(同省担当者)という。

 盲ろう者が犬のサポートだけで外出するには危険な状態で、飼育方法の確立や法整備が課題。中村正所長は「盲ろう者の障害の程度に応じた犬も育成し、実用化へ努力したい」と話した。

      ◇

 【用語解説】盲ろう者

 視覚と聴覚の重複障害者。「視聴覚二重障害者」「ろう盲者」とも呼ばれ、障害の程度によって全盲ろう▽盲難聴▽弱視ろう▽弱視難聴に大別される。厚生労働省の平成18年身体障害児・者実態調査では、国内の推計人数は約2万2千人。コミュニケーションや移動の困難さのため社会から孤立し、行政サービスなどを受けられないケースも多いとされる。

【関連記事】
将来の盲導犬、順調に成長 受刑者が飼育した3頭
医療、環境、盲導犬育成…広がる社会貢献活動
捜索犬の穏やかな老後
交通死の盲導犬、育成費も賠償命令 男性の訴え認め290万円
日本初の盲導犬のハーネス発見
外国人地方参政権問題に一石

<掘り出しニュース>「深谷シネマ」造り酒屋跡に移転 名誉館長・大林監督迎え開館 埼玉(毎日新聞)
引きこもりの容疑者、口論絶えず…5人殺傷(読売新聞)
河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)
大阪市が貧困ビジネス排除策 業者より先に生活保護者を囲い込み(産経新聞)
[PR]

# by rllame9bwa | 2010-04-20 15:03

協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 04月 14日 懸賞

 衆院厚生労働委員会は4月13日、全国健康保険協会(協会けんぽ)の国庫負担を健保組合などが「肩代わり」する特例措置を盛り込んだ「医療保険制度の安定的運営を図るための国民健康保険法等の一部を改正する法律案」について参考人招致し、意見を聞いた。参考人として意見陳述した協会けんぽの小林剛理事長は、「他の被用者保険に比べて財政力が脆弱な保険者であることをご理解いただきたい」などと述べ、同法案の早期成立を訴えた。一方、健康保険組合連合会の白川修二常務理事は、今年度の健保組合全体の経常収支が過去最悪の6600億円超の赤字見通しとなった財政の窮状を訴え、「これ以上の負担増には耐えられない」と強調した。

 同法案に盛り込まれた特例措置では、後期高齢者支援金の負担方法について、現行の「加入者割」に今年度から3年間、組合の総報酬に応じて負担する「総報酬割」を一部導入する。法案が成立した場合、協会けんぽの負担が減る一方、健保組合は今年度に330億円、来年度に500億円がそれぞれ負担増になる。

 小林理事長は、民間組織としてサービスの向上や業務の効率化を追求していることを強調。協会けんぽの被保険者1人当たりの平均年収は健保組合や共済組合と比べて低く、「大きな格差がある」と指摘し、「総報酬割」の一部導入については、「財政力に応じた負担という点で、より公平な負担方法につながる」との考えを示した。さらに、今年度の保険料率について、「特例措置によって保険料率の上昇幅が0.6%程度抑制されることになる」と述べ、同法案の速やかな成立を求めた。

 一方、白川常務理事は「総報酬割」の一部導入に反対を表明し、▽本来、国が負担すべき協会けんぽへの国庫補助金の一部を健保連などに「肩代わり」させる▽「高齢者医療制度改革会議」で後期高齢者医療制度に代わる新制度の在り方を検討している最中に、後期高齢者支援金の負担方法を変える▽高齢化の進展に伴う健保組合の財政悪化―の3点を問題視した。財政悪化については、被用者保険の財政不安が今後さらに拡大すれば、国民皆保険制度の持続性そのものに悪影響を及ぼすとの懸念を示した。


【関連記事】
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に
後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度
費用負担、公費めぐる意見多数−高齢者医療制度改革会議
国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連
協会けんぽ保険料年2.1万円アップ―平均年収の加入者

比例当選で新党、批判は承知=「たちあがれ日本」の与謝野氏(時事通信)
参院選へ新党結成=10人以上を擁立−山田杉並区長ら(時事通信)
山崎直子宇宙飛行士 コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)
パワーウインドーで指切断、11か月女児重傷(読売新聞)
知的障害の女性暴行容疑で逮捕 千葉(産経新聞)
[PR]

# by rllame9bwa | 2010-04-14 12:24

首相、平沼新党「連携しない」(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 09日 懸賞

 鳩山由紀夫首相は2日夜、無所属の平沼赳夫元経済産業相らが新党結成に意欲を示していることについて、「新党に対するさまざまな考えは、議員各位の気持ちだから、私から何も申し上げることはないし、連携する思いもない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
“脱キャビネット選挙”の執行部誕生、問われるかじ取り(医療介護CBニュース)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)
城下町に“夢の館” 鳥取で3日オープン(産経新聞)
食卓崩壊に警鐘 「一日三食」概念消え…好きな物を好きな時間に(産経新聞)
[PR]

# by rllame9bwa | 2010-04-09 01:37